読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。
7/16:「PRカードリスト」を更新しました。

5章記念 レミエル・バックストーリー考察

どうも、おはこんばちは!
ノワールです!
今回は俺氏がTwitterにて勝手気ままに呟いてた
「レミエルのバックストーリー考察」
をまとめて、かつ完全版で載せたいと思います!

なお勝手な妄想ですので…勿論、公式設定でもないのであしからず
それを踏まえてお読みください

まず根本の問題、レミエルの翼に関して
レミエルは元々女神に仕えて調和を保つ天使として過ごしていた(公式キャラ紹介)
これから分かることは、レミエルは最初の頃は相当な地位にいたものと思われます
それで、問題はレミエルの翼です
生まれつき片翼なのであればこんな地位にはそもそもいけないはず…
このことから、レミエルの翼は元々はしっかり両方生えていたとここでは推測します

まず穏やかに暮らしていたレミエルに「何か」が起こってしまう
その「何か」はどうあがいても分からないが、これにより左翼が消えてしまう
本人はこれには相当落ち込む…どころの話じゃなくなると思いますね…
なにせ、今までの自分が崩れるような出来事なんだから…

「飛べない天使

こんな烙印を押されてしまえば、落ち込むどころじゃなくなりますね…
いままで築いてきた地位が全て崩れ去るほどの出来事です
おそらくこれが2章Lv1、Lv2のイラストのタイミングでしょう

ここで「世界接続」が起こります
でも、レミエル自身はこれに興味を起こす気にもならない状態だったんじゃないか
と思われます…相当落ち込んでるんだから、仕方ない……
しかし、ここで「青蘭学園」の話が舞い込んでくる
「青蘭学園に行けば、何か変われるかも……!」と思った…のかどうかは不明です
が、とにかくレミエルは青蘭学園を訪れることになります

さて、ここで主人公のαドライバー(以降主アルドラ)に出会うことになります
そこから何らかの進展があり、主アルドラから翼をプレゼントされます(2章Lv3)
これが翼に似たエネルギー体(2章Lv4イラスト参照)なのか、はたまた翼と形容した
何かなのかは分かりませんね…とにかくプレゼントされます
表面上では戸惑ってるような感じでしたが、内面かなり嬉しかったんだと思います
なによりこんな自分にこんなに優しくしてくれる…といった感じで

そこから色々進展があり、レミエルは自分に自身が持てるようになります
…なるんです!何があったのかは完全に妄想になりますけど!
そこでレミエルは気付くわけです

「完璧じゃなくても、綺麗じゃなくても、これが私の力なんだ」

これが2章までのレミエルです
ここで、主アルドラの提案か、本人の意思かはわかりませんが、ガブリエラに稽古
を付けてもらうことになります
レミエルのまっすぐな言葉に、ガブリエラも答えようという気になったようです

そして、稽古をつけている最中に、緑の世界と繋がります
おそらくレミエルは緑の世界のプログレスと邂逅したでしょう(3章Lv3)
そこで緑の世界のプログレスの強さを実感したと思います
多分それによってより一層稽古に励むようになったのではないかな…と

ここで再び何かしらの進展があったでしょう
そこで、奇跡のようなことが起こり、レミエルの翼が遂に蘇ります
レミエルは自分を鍛えてくれた師匠、ガブリエラと、ここまで自分を支えてくれた
主アルドラに心を込めた、最大の感謝をします


「側にいてくれて、ありがとう……!」


考察はここまでになります
妄想全開で、公式のフレーバーテキスト、イラストなどを参考に考えてみました
これからも何かしらの考察を上げるかも知れないです……
そのときはまたよろしくお願いします!

それでは!

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ