読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。
7/16:「PRカードリスト」を更新しました。

【誰得】AICメンバーの界隈で使われている略語・愛称

雑記

ども、KTです(・ω・)ノ
特にネタもないんで、今回はメンバーや拠点ショップで使っている略語や愛称を、誕生秘話と共に紹介します。

1弾
カントク 言いだしっぺ:KT
青PG、日向美海の総称。
由来はもちろん美海の原案イラストレーターのカントクさん。
1弾発売当初、美海の読みについて「みう」「みうな」「みなみ」などの憶測が飛び交っていたのですが、何か便宜上呼ぶのに愛称が必要だろうと考え、KTが言い出したもの。
※ちなみに、当初の最有力候補は「みう」でした
「カントク」という呼びやすさと、見た目と「監督」というネーミングのギャップが定着した原因かと思われます(笑)

後輩 言いだしっぺ:KT
青PG、佐久良舞衣菜の総称。
Lv1《後輩 佐久良舞衣菜》の二つ名が由来。
スターター時代にはよくお世話になりました。

整備士 言いだしっぺ:KT
白PG、エルセア=エコルダの総称。
「エルセア」と呼ぶか「エコルダ」と呼ぶか悩んだ際、『「整備士」でよくね』というKTの鶴の一声によって定着した愛称。
※Lv1の《整備士 エルセア=エコルダ》の二つ名に由来
主な原因はKTが「エルセア」も「エコルダ」もパッと口から出てこないという理不尽な理由。
これらの愛称を与えられたカードの中でも屈指の採用率なので、界隈ではもう「整備士」で違和感が無くなっている。

ヤンデレ 言いだしっぺ:ダッチ、KT
青PG、ツバサに対してよく言われる愛称。
世間一般では美海と沙織のカップリングで知られてますが、こちらの界隈ではこっちが有名。
公式サイトで出ているキャラ紹介のフレーズ「あなたを信じるのに、言葉なんていらない!」が由来。
ツバサは、不器用で人付き合いの悪かったが、美海と接している内に心を開いたという設定があります。
上記のフレーズは恐らくαドライバーに対してのセリフだと思いますが、これを読んだ当初は「ツバサさん、カントクに依存し過ぎだろ……」って印象が強く、Lv4ツバサが包丁を手にしているのもあって、見事アンジュ初の「クレイジーサイコレズ」の称号を獲得しました。
それ以降、2弾でクリスマス美海が沙織とイチャコラしてるのを見て発狂、3弾で美海がキーパーが沙織で発狂と、すごい位置づけになったキャラです。

決意さん 言いだしっぺ:KT
青PG、岸部沙織の総称。
KTが一番最初に当てたSRであるLv4の《戦う決意 岸部沙織》の二つ名が由来。
今までの愛称から分かるように、アンジュをやり始めた当初は、「とりあえず二つ名で呼ぶ」というのが流行りでした。
最初期からデッキに組み込んでいただけあって、メンバー内で定着したのは必然っちゃあ必然。
他の地域ではあまりにも伝わらないので、なるべく「沙織」で通しています……が、あまりにも定着し過ぎてポロっと出てしまうことも。

ミハイルさんじゅうななさい 言いだしっぺ:KT
ミハイルさんは17歳です。

露払い 言いだしっぺ:KT、ニック
青AC、《露払いの千早》の略称。
他の地域では、結構「千早」と呼ぶ人が多い印象だが、メンバーの中ではこれで定着。

光る乳首 言いだしっぺ:KT
赤AC、《シルフィード・キス》の愛称。
気になる人はカードイラストを見てみよう。
ダッチのお気に入りカード。

2弾
生肉 言いだしっぺ:ニック
青PG、生嶋兎莉子の総称。
登場当初、「苗字も名前も読み方が分からない」と有名だった彼女。
どうしてこんな愛称になったかと言うと、それはKTとニックと話していた頃に遡る――
事はニックが「生嶋」の「嶋」を「鴨(かも)」と読み間違えたことから始まる。
ニック「読み方わっかんねーなぁ 『なま……かも』?」
KT「『なまがも』って苗字はどうよ」
ニック「いっそ『生肉』でよくね」
KT「それだ」
なぜ鴨からカテゴリーを拡大したのか。
歴代屈指のヘンテコネームなのに、結局本名の読み方が分からないから定着してしまった悲しいキャラ。

ドリル 言いだしっぺ:KT
赤PG、Lv4フォーレンティーナの愛称。
カードイラストを見てもらえれば分かるが、横にいるユニコーンの角がフォーレンティーナの右腕に見えたのが由来。
フォーレンティーナの微小が「殺りにきてる顔」に見えるのもウケた理由。

プギャー 言いだしっぺ:KT
白PG、Lv3《タイプPU-22リン 取締モード》の愛称。
カードイラストを見れば(略)
由来はAAの「m9(^Д^)プギャー」。
しかめっ面が煽っているようにしか見えない。
Lv2のアタックが1枚ガードで完ガされるのもあり、そのウザさに拍車がかかる。

3弾
強謙(ごうけん) 言いだしっぺ:KT
青PG、Lv1《わんこ系 戊井野乃》の愛称。
遊戯王やって人なら分かるはず。
詳しくは「強欲で謙虚な壺」で検索。

「進化○○」 言いだしっぺ:KT
3弾、4弾で収録された既存キャラの総称。
Lv4美海やLv4リゼリッタなど。
パック名からして、進化しているのは恐らく決意さんなどのエースだと思うが、今後出るであろう1弾表紙勢の新カードを考慮して「新ソフィーナ」と呼ばなかった結果、「進化ソフィーナ」という感じに。
もちろん美海の場合は「進化カントク」。 もはや誰だ。

4弾
幸運(?)なことに、特に愛称は生まれなかった。

5弾
ブリューナク 言いだしっぺ:KT
緑PG、ナタク・ヴリューナの総称。
遊戯王やってる人なら(略)
緑のキャラクターは、名前が憶えづらい分、乱雑な愛称が出てくるんだと思います。

ウーシャカ 言いだしっぺ:KT
緑PG、ウーシャ・ルッカの略称。
珍しく普通に略されただけ。
「ウーシャ」や「ルッカ」が歯切れが悪いと感じたKTが勝手に命名。
主に使ってるダッチを中心に浸透中。
「ぶーしゃかLOOP」が由来って言っても分からない人が多数。

カルビ 言いだしっぺ:ダッチ
赤PG、Lv4《繋がる力 ルビー》の愛称。
カード情報が公開された際、ダッチが「カルビに見えた」と言ったのが発端。
二つ名の「繋がる力」を含めて「繋がる カルビー」に見えたらしい。
「新ルビー」「4弾ルビー」というのもなんなので定着した名。
妖精どころか、ただの肉である。
「生肉」といい、どんだけ肉好きなんだ、このメンバー。

ワロタ 言いだしっぺ:KT
白PG、ヒメリエ=ワロックの総称。
その内「ワロタ姫」とか言われるようになるだろうか。

アドバンスドスターター
ヤク中 言いだしっぺ:KT
緑PG、Lv2《ヤック・インザ・ボックス エレ・スペラーレ》の愛称。
「ヤック イン ザ ボックス」、つまり「ヤックが中に入っている箱」……「ヤク中」。
由来はもちろん「薬●中毒」。

6弾
つばす 言いだしっぺ:KT
青PG、小鳥遊希美の総称。
「カントク」系列第2弾。
なぜ絵師名で呼び始めたのかは不明。

 言いだしっぺ:自然と
青PG、千尋の総称。
こう呼んでる人は別に少なくないはず。



ここまで書いて、改めて思いますが……
「ダムド」っていう略称はマジで考えた人が神だと思います。

皆さんも、「こっちではこう呼ばれてる」的なカードがあったら、是非教えてくださいm(_ _)m

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ