読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。
7/16:「PRカードリスト」を更新しました。

青蘭学園祭2014秋 関東(2014/10/26)

初めてのチーム戦。
お待たせしました、関東学園祭大会レポートです(・∀・)ノ

場所:ベルサール秋葉原
人数:280人(140チーム)
大会形式:スイスドロー/シングル

使用デッキ(クリックでデッキレシピ表示)
KTハンデスさくら
ダッチΣ軸緑
ばやりωすユーリン軸Ω
ノワールレミエル

チーム「みかんジュース
A:ノワール、B:ばやりωす

ノワールレミエル
1試合目 VS【ペネルミシス】
先行リゼオリの展開で、2ターン目にローリスドロップを使い相手を牽制するものの、ペネルが壁となって決定打を与えられない
片翼、双翼、ブーストの構えで決めようとするも、相手のリジェクトに泣き、反してこちらは殆どリジェクトせず敗北

解せぬ

2試合目 VS【ルビー(単?)】
後攻にて開始でLv2ミシスでサーチをし、ローリスを打って相手の展開を遅らせるも、相手はLv4を極力出さず、Lv2の攻撃でちまちま
ダメージが入っていく
返ってこちらはLv2、1を殆ど引かず、展開が圧倒的に遅れてしまった
その上相手の攻撃を1点もリジェクトせずストレートで敗北

解せぬ

3試合目 VS【美海さくら】
先行開始で、今回は前の試合のように手札もそこまで悪くはなく、リジェクトもまあまあしてくれたので安定はした
除去カードを乱打してきて、除去メタを引きたかったものの結局引かず、結論で言うと常に3面での戦いになってしまった
決め手に、後攻3ターン目で相手がさくらを降臨させ、空いた場面の前にLv2ストライクとLv4遥が居る状況で自身は4点
ワンチャン死亡な盤面だったものの、幸運なことにさくらがリンクに失敗し、7点で抑えることに成功
返しのターンで片翼、双翼、Lv5ウェンディの構えをして何とか押し切ることができ、勝利

4試合目 VS【レミエル】
テンションが上がりました、大型大会でのレミエルミラーです
先行を取られ、メイジーリゼリッタでの展開を許すものの、後攻でリゼリゼ展開に加えてローリスドロップまで使えるという
好スタートを切る
しかしやはり相手も除去メタを握っていたので、2ターン目にして片翼と双翼を並べられるという事態に
俺氏「見た目やばそうですけど、所詮1週目ですしね…」
相手「ですよねー」
てなわけで片翼も双翼もリンク失敗、ダメージも1で止まる
返しの後攻2ターン目、Lv3と片翼のレミエルを出し、攻勢にでる
相手「そちらもまあ成功率辛そうですね~」
俺氏「て思うじゃん?」
Lv3レミエルのリンクが成功(ダメリバ込み)したため、片翼がリンク9でアタックすることに
そこでなんとリンクが成功した上にブーストレミエルまでめくれるという奇跡が起こる
相手の片翼レミエルの前にブーストを置き、返しへの対策を万全にしてかつ打撃を与えることにも成功する
その後相手も何もすることができず、一方的な試合になり勝利

なおチームの戦績が及ぼしくなかったのでここでドロップとなりました
ウィンターでは全戦やります!

ばやりωすユーリン軸Ω
1試合目 VS【ペネルカレン】
まさかの身内戦
先攻
フローリア、ミギリ展開
相手
L2カレン、エルセア 1点
2ターン
ユーリン、フローリア展開 失敗
1点
L0前にL4ペネル←成功、L2カレン、L1スプレ、整備士 2点
3ターン
ユーリン、フローリア、カチュア、ミト→L4ルビー 5点
ペネル、L4カレン、L4スプレ、L4メニル
ここでスプレ2回成功読み←成功
ここで手札0でターンが回る 6点
4ターン
手札がL3カチュアとL0
L4を引かなくてフローリア←失敗からカチュア
相手が6点で止まる
そのままメニル殴る→成功 リジェクト
カレン→失敗 1点
スプレ→成功 1点 ゲームセット

うちのフローリアは仕事しないのだ!(ヘケッ)

2試合目 VS【青Ω軸ドロー】
1ターン
L2ペネル リジェクト
ミギリ、整備士、メイジー、オベール展開←次ターンフレーム喧嘩
2ターン目
L4ユーリン←失敗、整備士、ミギリ 1点
L2深雪、L3ミシス、L3深雪、整備士展開 2点
3ターン目
ユーリン←成功、L2メニル、整備士(ロザリー)、ルビー 4点
L4深雪、L4マック×2、LINKs美海
深雪がまさかの失敗 6点
4ターン目
ブーストアーシア、ルビー×2、ミシス ゲームセット
3ターン目の手札が2枚で一枚ブーストだったためLINKs美海にガードが切れなかったのでしんどかった。
ほんと深雪に助けられました

3試合目 VS【除去マユカ】
1ターン目 L2ペネル、ミギリ展開するが相手の2ターン目でペネルがメイシェントをくらう
ミギリの上にユーリンをおき、ミトを展開するも今度は猫 相手はこの時点で3点
3ターン目にカチュアとミト成功→ロザリー展開
幸い相手のデッキがリメイクしておらず、カチュアの攻撃が素通り、ロザリーが成功して3点入って勝ち
最近うちのロザリーは成功してくれるからありがたいと感じた

4試合目 VS【レミエル】
ここで自分は大きなプレミをしてしまう。
相手がなにもいないところにL5アーシアを展開、攻撃をくらう
私は3点をいれて8点になりゲームセット
対戦終了後に気づいた
(あれ?ブーストアーシア出てきたところって相手の場にも何もいなかったよなぁ…。)
そう、実は3点ではなく2点だったのだΣ(T▽T;)
しかも最初の1点はリジェクトだったため7点で耐えたのである

これの印象が強すぎて対戦詳細を忘れてしまったことをお許しくださいorz


チーム「AIC
A:KT、B:ダッチ

KTハンデスさくら
1試合目 VS【ロザさく】(真儀端@エビデゴラス)
先攻。
デッキにLv2は6枚しか入れてないのですが、マリガン後の初手が
Lv2カサンドラ、Lv2ウェンディ×2、Lv1リゼリッタ(+Lv3、コボルド、フランボワーズ)
という過去に類を見ない事故。
リゼから出すウェンディはデッキに残り枚。
しかし、エナジー2枚に1枚でもウェンディが入っていたら展開がLv2ウェンディとLv2カサンドラ(効果不発)になってしまう。
これはマズイ。
ワンチャンLv2カサンドラでリゼ2枚を切るのも考えたが、レベル4分が2になるのは今後の展開が怖すぎる。
KT「えーいままよ! リゼリッタ!」
なんとかLv2ウェンディが2枚デッキにありました。
相手は後攻1ターン目で除去を打ってきたので、返しで除去メタからフランボワーズ出すおいしい展開。
しかし、その後14枚入っているはずのLv4をほとんど引かず、フレームを引かず、ブーストも引かないし、要らないところでリジェクトして重要なところでリジェクト一切しないで負け。
この1日で一番どうしようもない試合でした(苦笑)
これは相手のデスカットが強烈だったと割り切るしかないですね><;
ダッチは勝って、チームは1勝1敗。

2試合目 VS【青軸さくら】(名前確認し忘れ@音楽性が違うっていうチーム)
KTのリジェクトが強く、ダメージ1の状態で相手にターンが返り、相手はさくブさくら展開。
デッキ残り枚数が少なく、フレームもあまり見えていなかったため、まぁいくつかリジェクトするだろうと高を括っていたら、まさかの2リジェクトのみで6点通る。 ダメージ:1→7
さすがにこれはマズイと、手札を使ってガード。
しかし、そこからデッキトップ6枚がフレームだとはKTは知る由も無かった……
ドローで∀とLv1オリヴィア、エナジーにも∀が入るという最悪の引き。
なんとかブーストロザリーを出すが、アタッカー足りない&Lv4さくらの前のLv4ウェンディがガード1枚止められて7点止まりで負け。
まさか自分がダメージ7点まで入ってその後6リジェクトだとは……読めなかった。
全部ノーガードで通していたら、勝てたでしょうか。
少なくと最後の盤面でオリヴィア出すということはなかったでしょう^^;

3試合目 VS【Σ】プレデターレフティレフティ
ここまでチームは1勝3敗。
だいぶ下のほうに追いやられてました。
相手がLv4引かない事故と、KTのリジェクトがほどほどに強くて勝ち。
ここでお昼休憩になりました。

~昼~
ダッチ「どうする? ドロップ」
KT「俺は全試合やりたいけど……」
ダッチ「俺も別にドロップしたいとは思わないなぁ」
KT「じゃあ、ダッチの体力が続くまで続行ってことで」
ダッチ「がんばる(笑)」
※:ダッチは朝に弱いので開会式時には快晴時に潮干狩りに行った吸血鬼みたいな顔してました

KT「糖分足らねぇ!!」
ダッチ「糖分足らねぇ!!」
ってことでKTはあんまんを、ダッチはお菓子を昼に食いました。
糖分パワーチャージ完了。

4試合目 VS【レミエル】(みやざき@みやりす)
ここにきてまさかの身内戦。
AICメンバーではありませんが、AICと同じ拠点ショップでサークルを組んでいる「ココロぴょんぴょんズ」のメンバー。
序盤からKTのリジェクトが強く、2ターン目まで点維持。
相手が
片翼レミエル:Lv3レミエル:Lv1オリヴィア:ブーストウェンディ
から片翼レミエルのリンクを成功させ、
片翼レミエル:双翼レミエル:Lv1オリヴィア:ブーストウェンディ
と展開するが、KTのリジェクトが強く双翼レミエルが2回目のリンクを外したのもあるが、合計7ダメージ食らって6リジェクト。 ダメージ:0→1
まさかのダメージ1で詰めターンが回ってくる。
手札にはブーストもさくらもあったが、なんだかんだで相手もダメージ2で確殺とはいかなそう。
なので極力手札を残しつつブーストウェンディとLv4さくらを出して、3面で殴ることに。
それぞれ片翼の前にブースト、双翼の前にLv4さくらを立ててアタック。
ダメリバ無しでしたが、なんとかさくらはリンク成功。
相手ダメージは7点になったので、「ワンチャンごり押せば倒せたかな?」と思ったが、相手の2ドローが∀とLv1リゼリッタだったので、むしろ殴らなくてよかった。
相手はオリヴィアから片翼を持ってきて、オリヴィアのところにLv1リゼリッタを立てて
片翼レミエル(フォール):双翼レミエル:Lv1リゼリッタ:片翼レミエル
という展開。
つまり、リンク7-5の片翼で殴ってブーストが出てくれば、双翼がアウェイクできるという賭け。
しかし、片翼はリンク失敗し、返しのターンで勝ち。

5試合目 VS【カレン】(ちんアナゴ@限られた文字数でチーム名を決めるのが得意)
試合前の掛け合いが面白くて、あまり試合経過を覚えてません(笑)
KTが大会レポ用にチーム名を確認した際――
相手「僕らチーム名長いですよね」
KT「あっ、そうですね。 これは……」
KT「『限られた文字数でチーム名を決め』……?」
相手「限られた文字数でチーム名を決めるのが得意なはずなのに、入らなかったんですw」
相手「チーム名は20文字以内っていうからキッチリ収めたのに……」
KT「あぁ……登録上は20文字でOKでも、表記上の限界は15文字だったんですね」
相手「そーなんですよ(笑)」
なんて会話を交わした後にバトル開始。

相手が
エース2ミハイル:Lv4クラリス:Lv4ロザリー:Lv4ロザリー
という絶対殺すマン展開
2体目のロザリーがリンク失敗し、クラリスのアタックを残してKTのダメージが
相手はロザリーA→ロザリーB→ミハイルの順に殴り、フレームがほとんど見えず、∀も1枚しか捨札にない状態。
ここでクラリスでアタック。
こちらはLv1ミトなので、2枚で完ガしましたが、当然バーンが。
今大会中、一番ドキドキした瞬間かもしれません。

Lv1リゼリッタ <やぁ

リジェクト!
なんとか首の皮1枚で繋がる。
このクラリスのリンクでフレームは合計8出てたので、後1枚出てれば2回成功で確実に負けていたでしょうね(汗)
ここまで見えなかったフレームが一気に出て、相手はリジェクト率が激減して、こちらがブーストロザリーを立てて勝ち。

試合後
相手「うーん、惜しかった」
KT「結果論ですけど、クラリスで殴らなかったら確実にこっちが負けてましたね」
相手「あー、殴らないって選択肢もあったかぁ クラリス2回成功に賭けてたんですよ~」
KT「そちらのダメージ数が少なかったし、ワンチャンあったかもしれませんね」
相手「そうですね、ただ、ロザリー立てると『このターン中に決めなきゃ』って思っちゃって」
KT「あー、それすごく分かります」

6試合目 VS【カレン】(プライス@萌える侵略者)
だんだんリジェクト神が降りてくるのを実感してました。

KTは先攻。 オリリゼのテンプレ展開。
マリガンで非フレーム5枚切ったのにも関わらずマリガン後の初手にオリリゼしかフレームしかなかったので、「お、これはリジェクト強そう」と直感。
1ターン目:Lv1オリヴィア:Lv2ウェンディ:Lv0:Lv0
オリヴィアからLv4さくらをサーチした後、思い切ってオリヴィアを切り捨ててカサンドラ展開。
2ターン目:Lv2ウェンディ:Lv2ウェンディ:Lv2カサンドラ:Lv0
ウェンディAでアタック、フレーム0枚でリンク失敗。
KT「(お、これはカサンドラのリンクが素で成功するかな……?)」
カサンドラ「せやな」
相手「うっ、素で成功かぁ……」 ダメージ:0→2
しかし、その直後のウェンディBも素で成功
相手「!?」 ダメージ:2→3
KT「!?」
相手にターンが返り、相手は
Lv1ゼシカ:Lv4カレン:エース2ミハイル:Lv3深雪
というワンチャン殺しにかかれる展開。
相手「ミハイルアタック、リンク成功」
KT「1リジェクトで」 ダメージ:0→1
相手「深雪アタック、リンク成功」
KT「2リジェクトで」
相手「カレンアタック、リンク……不発」
KT「リジェクトで」
相手「!?」
KT「!?」
先攻2ターン目で素で成功2回した後、4リジェクト。
これはひどい(ある意味で)。
その後、KTはLv1ミトのリンク成功もあり、
Lv4さくら:ブーストウェンディ:Lv3ハリエット:Lv1ミト
と展開。
ダメリバがないため、Lv3ハリエット、ブーストウェンディがリンク失敗するが、Lv4さくらがリンク成功し、残り手札1枚をブーストの失敗読みでガードに使った相手に合計5点与え、相手ダメージが7点になる。
返しのターン、相手は
Lv1ゼシカのところにLv4グラディーサを出す。
Lv4カレンは目の前が空いているのでリンク不可。
念には念を入れ、グラディーサを完ガするが、まさかのグラディーサリンク失敗。
ここで結局合計5ダメージ食らいましたが、5リジェクトでまさかのダメージ1枚のまま
しかもドロー2枚がフレームだったのでグラディーサ成功してた方がよかったという謎リジェクト率。
またまたダメリバない状態で詰めターンを迎えることに。
手札にはコボルド+Lv4ウェンディとブーストロザリー+Lv4さくらがあったので相手が13点くらいリジェクトしても倒せるなぁと思いながら展開考えてたら
相手「すみません、サレンダーで」
KT「あっ、はい」
ちょっと驚きましたが、相手の手札は1枚なのでこっちのリンクが全て失敗しても確実な詰みな状況でした。
相手「さすがにリジェクト強すぎませんか……?」
KT「こっちもビックリです(汗)」
やってた本人が一番驚いてます^^;

個人結果:
4勝2敗で、若干ダッチの足を引っ張った結果になってしまいました。 猛省。
●午前
・手札事故が割とひどい
・リンク率はまぁまぁ
・リジェクトはまぁ強いが、要らないところでリジェクトし、重要なところでリジェクト無し
●午後
・手札はまぁまぁ
・リンク率は偏り有
リジェクト神降臨
午前は1勝2敗、午後は全勝と、お昼にあんまん食べて糖分チャージしてから無双でした。
さくらは入っているものの、ハンデスというチープなデッキでここまで勝てたのは嬉しかったです(小並感)
チーム結果は、ダッチのレポの後に記載しておきます。

ダッチΣ軸緑
1試合目 VS【Ωストライク】
ミシス、ロザリー、テオドーチェをメインとした安定を兼ね備えたΩデッキ。
相手は後攻1ターン目にLV2ゼシカLV2の速攻。2点入りこちらに不利な流れ。
その後こちらはLV4ユウヒとLV4ウーシャルッカを並べて守りの展開を広げ、相手が恐らく詰めに来たであろう場面は
LV4ロザリー:LV4ミシス :LV4テオドーチェ:LV4ミシス
LV4ユウヒ :LV4ウーシャ:LV3リグ    :LV4ユウヒ
ロザリーで3点入れに来たのでしょうが、前のターンで相手のリジェクトが強かったせいかリンク失敗でダメージ入らず。
テオはガードで防ぎ、このターン1ダメージで耐えるも相手は未だに4点。
返しでリグをLV4ユウヒにシフトしアタックへ。
倒しきれずまたも相手にターンが回る。ハンド5枚中2枚フレームがあり、リメイク直前ダメージは6点。
相手はウーシャルッカの前のミシスからアタック。
山札にフレームを戻すためにもハンドにあるフレームを2枚切ったところ、相手はリンクせずにアタック終了。
次のアタックがロザリーからだったので恐らくこのリンクを成功させたかったのでしょうがまさかの失敗。
しかしその後のテオのリンクは成功し2点中1点入りリメイク。 7点に。
ミシスのリンクも成功し、運命の1点は……相手のナイスカットのおかげでリジェクト!
返しで勝利。

2試合目 VS【変則さくら】
相手のデッキにはテンプレのさくらデッキにはまず入らない「ゼシカ」「よつば」といった珍しい感じのカードが入っており、展開力とハンドの補充が利くさくらデッキ。
相手の予想外の展開に加えこちらのハンドにはLV1ユウヒが3枚くる事故。
相手がよつばを加えていたのでLV2ナタクでハンドを整えるのはどうなのかと思い、ユウヒから一気にLV4を展開することにし、オリヴィアでウーシャルッカとユウヒをハンドに加え、2ターン目に展開。
しかしここでウーシャルッカのリンクで∑4枚しか出ない事故発生。
ハンドが増えず辛い流れに。
その後も除去を加えつつ善戦し、こちらのダメージが5点、相手が6点となり、相手のハンドは2枚で返しまでは耐えられる想定。ウーシャルッカも成功し、ハンド自体は5枚だが2枚ブーストを引き込んでしまう事故だがまぁ大丈夫かと思っていた時期もありました。
自分のナイスカットあって相手は2ドローでLV2深雪とLV4さくらを引っ張ってきた模様。ハンドにあったブーストさくらと合わせ、計10点を貰い敗北。
相手の神ドローも敗因の1つですが、せめてブーストが1枚だけなら相手のブーストさくらの2回成功をガード出来たのに……ウーシャルッカとブーストマユカ、お前ら減給な。

3試合目 VS【青軸ドロー】
LV4マック、生肉、深雪メインの青軸ドローデッキ。序盤から整備士ゼシカを使い早い展開。対するこちらは除去を連発し相手の展開を妨害。
低レベル除去を危惧したのか相手はLV4早だしの展開をするも、こちらも運よくファーマイドを引いていたので除去。
相手がようやく除去メタを引くもとき既に遅し、ハンドを整えていたこちらはマユカも使い相手の場をぼろぼろに。
相手のダメージが6点になり、最後のアタックと決めに来たのかLV5深雪とLV4グラディーサを展開。
こちらのダメージは4点でしたが何とか耐えて返しで勝利。

4試合目 VS【青軸さくら】
秋葉に来てまでまさかの精文堂勢との対決。
相手は以前BOX争奪戦のときに対戦した青のアウェイク勢をメインにしたデッキ。
こちらは除去を入れつつ場を整え、こちらのダメージが3点の時点でLV4ユウヒが3面並ぶ展開。
相手は戦意喪失しかけつつも残り1面にLV4カサンドラを出してアタックを通していき、ユウヒの前のアウェイク勢もリンク成功で1点ずつダメージを与られ、なんだかんだで6点までいき後がなくなってきたところ、ドローでブーストマユカを引き、ごり押し勝利。
やはりアウェイク勢にユウヒは効果抜群ですね。

5試合目 VS【Σ耐久】
相手のデッキは「雫」「ユーフィリア(LV4 2種)」「マユカ」などが入った∑寄りの耐久型デッキでしょうか。長期戦にはしたくないデッキです。
とは言ったものの、ハンドには除去アクションが大量に。
こうなったら除去連発するかなと思っていたら返しで相手からも除去を打たれ、その後こちらはマユカを出して退却させるも、なんとその返しにマユカを出されマユカを退却させられましたwwマユカ合戦楽しいww
相手の場面がリメイク入ったときにLV1:LV1:LV0:空きとなり、加えて2点ダメージで2枚フレームが見えたときにリメイクだったので計6枚フレームを入れさせなかったことに。
爆アドとれたので2週目も有利に進めてそのまま勝利。

6試合目 VS【さくら】
対戦前―

ダッチ「右手大丈夫ですか?(相手の右腕の包帯&ギブスを見て」
相手「大丈夫じゃないですよw学園祭出るのにバイト休む口実として右腕ぶっ壊してきたんですよw」

相手は学園祭に出るために右腕を犠牲にするほどの猛者。(ギプスに缶バッチ着けてましたw)
こちらが除去を打ちつつ相手の整備士の前にエースのエルハを置き、有利に事を進められたかなと思ったところ、LV3マユカをこちらの整備士の前に出され、整備士の上にLV2が出し辛い状況に。
その後の展開で、こちらの残り山札が7枚の状態で、見えているフレームが9枚。つまりエナジーに入っていなければ残り全てリジェクトするということに!強い(確信)
案の定5点中4点リジェクトし、ドローでは非フレーム1枚をハンドに。(この時点で最低3枚エナジーか…)
しかし、リジェクトしたおかげでダメージ2でLV4展開が進み、こちらとしては勝ち濃厚に。
しかし、相手にブーストで穴を空けられたり、テルル成功でこちらのアタックがリンク成功しても通らない状態を作られ、詰め切れるか微妙なところで2ドロー。
ブーストマユカさん、2階級特進してもええんやで?
穴の開いているところにブースとマユカを立て、3点叩き込み何とか勝利!

ということで今回私自身の成績は5勝1敗!いや~緑デッキ楽しいですわw
リジェクト頼りな部分は否めませんが自分的には使っていて安定しますし、ブースト引きこむ事故さえなければ全勝もあり得ましたね。まさかこんなに勝てるとは思っても見ませんでした。
ユウヒ、ウーシャカ、マユカ大活躍でしたし、満足のいく大会になりました。

チーム結果:
9勝3敗で、140チーム中位でした。 やったね!
f:id:AICmember:20141028010603j:plain:w600

他にも拠点ショップのチームが2位、4位にいるなど、地元で毎週行われているショップ大会がいかに過酷な状況だったかを再認識しました(苦笑)
ハンデス】と【緑単】という環境からかけ離れたデッキにしては善戦だったと思います。

戦績(クリックでデッキレシピ表示)
KTハンデスさくら】××○○○○
ダッチΣ軸緑】○×○○○○
ばやりωすユーリン軸Ω】×○○×
ノワールレミエル】××○○

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ