読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。
7/16:「PRカードリスト」を更新しました。

6弾に収録される新規イレーネスについて全力で妄想してみた。

雑記

※注意※
この記事は妄想です。

ついにこの企画が通りましたーーーー!!
担当はもちろん私ばやりωすです(キリッ
では始めていきまっす。



……ということで、「なんのこっちゃ」という人が多いと思うので説明させていただきます、KTです。
今回はブースター6弾でイレーネス新規が収録ということで、AICメンバーきってのイレーネスファンであるばやりωすくんが「新規来るならこんな効果がいい!」と、いくつか案を出しました。
その効果をKTがアンジュ風にテキスト化してみたので、ばやりωすくんの解説も踏まえてご紹介をば。
もちろんKTも便乗していくつか(妄想の)新規イレーネスをデザインしてきました。
あとついでにニックも。
こういう痛いのが生理的に問題ない方のみ、以下どうぞ。

ばやりωす式イレーネス1
プログレスカード
レベル4/黒/P10000/G4000/S1
《常》「呪われし指先 イレーネス」の成功したリンクの判定でめくれたこのカードが捨札に置かれる際、かわりにこのカードをアウェイクしているカード名に「イレーネス」を含むプログレスのいるプログレスゾーンに置いてよい。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(8)-1ΩΩΩΩ】
そのバトル中、このカードのパワーを+8000。
そのバトル終了時、このカードのストライクが2以上なら、あなたの山札の上から3枚見てレベル5以下のプログレスを1枚まで選び、このカードのいるプログレスゾーンに置き、残りのカードを捨札に置く。

ばやりωすの解説
《常》効果は双翼レミエルと同一効果ですねー(次回から省略)
『奴は青のアウェイクと組んだ・・・ならこっちは・・・。』
と、いうことでカレン等の効果と組んでみたwww

これでこやつも2回殴れるね(白目
ただ成功してもう一回こいつがでてきた時は馬鹿になるねww
まあ、こいつ自身はストライクは2なので、こんなんで良いんじゃないかと思ってます!!
紅葉や結界にもかからないね♪
強さは双翼レミエルと同じくらいじゃないでしょうか

KTの解説
常時効果は双翼レミエルと同一のもの。
指先イレーネス(2弾)は絆効果でリンク9になれるので、レミエルよりも期待値が1枚分増えます。
アタックリンクは、このカードがアタックした後にLv4カレン効果という強力な効果。
もちろんフォール状態のこのカードの上にアウェイク状態で出てきます。
何かしらの効果によってこのカードのストライクが+1されている事が条件ですが、前半の常時効果は
.指先イレーネスのリンク成功
.リンクでめくられたこのイレーネスが場に出る
.指先イレーネスのリンク効果処理
という処理順なので、常時効果によって場に出たこのカードにストライクを付与すればいいだけなので割と簡単にクリアできます。
このリンクでアタック可能なプログレスが出れば3+2で5ダメージ、新たな指先イレーネスやブーストが出てくれば3+3で計ダメージを与える事ができます。
ブーストが場に必要&4000パンプ&リンク8-5を2回成功させなければならないという条件を持つ双翼レミエルに比べ、比較的ラクな条件で初撃P18000&6ダメージまで見込めるのは結構強いですね。

ばやりωす式イレーネス2
プログレスカード
レベル4/黒/P10000/G4000/S1
《常》「呪われし指先 イレーネス」の成功したリンクの判定でめくれたこのカードが捨札に置かれる際、かわりにこのカードをアウェイクしているカード名に「イレーネス」を含むプログレスのいるプログレスゾーンに置いてよい。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(8)-1ΩΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+8000し、あなたのプログレスすべてのストライクを+1し、あなたの「呪われし指先 イレーネス」すべてのストライクを+1。

ばやりωすの解説
紅葉を完璧にメタリましたwww
ゆーて結界はだめでしたw
これは正直性能がすごすぎますね汗
呪イレーネスが5点叩くとか・・・。
ロザリーを越えているな・・・(おっと誰かきたようだ)

KTの解説
常時効果は双翼レミエルと同一。
アタックリンクは、自身を含む全てのプログレスのストライクを+1し、指先イレーネスには更に+1するというもの。
リンクのフレーム要求がややΩ寄りなものの、LINKs美海の完全上位互換。
このカード2枚と適当なPG2枚だけで3+4+4+4=15ダメージ与えられます。
盤面的には、Lv4が2枚とLv2が2枚だけで15ダメージ叩き出せるってことです。
このカード+指先イレーネスだと3+5+3+3=14ダメージ止まりなので、このカード2枚の方が手っ取り早いです(P18000まで上昇しますし)。
余談ですが、アタックリンクには特に条件がないので、Lv4さくらと組み合わせる事も可能です。
このカード2枚+さくら+適当なPGで、3+4+4+4(+3+3)=21ダメージ叩き出せます。
余裕で相手が2回蒸発するダメージ量ですね。
運用の都合上、前半の常時効果を使用する事はほぼないでしょう。
というより、【ロザさく】からロザリーが抜けてこのカードが入るだけですね。

ばやりωす式イレーネス3
プログレスカード
レベル4/黒/P10000/G4000/S1
《常》「呪われし指先 イレーネス」の成功したリンクの判定でめくれたこのカードが捨札に置かれる際、かわりにこのカードをアウェイクしているカード名に「イレーネス」を含むプログレスのいるプログレスゾーンに置いてよい。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(8)-1ΩΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+8000し、あなたのプログレスを1枚選び、そのターン中、ストライクを+1。
このカードのストライクが3以上なら、さらにそのターン中、このカードのストライクを+X。
Xはこのカードのストライク-2に等しい。

ばやりωすの解説
考えた案の中でこれが一番しっくりきてますね!
双翼みたいに、条件が揃えば別にレミエルデッキじゃなくても運用できる・・・みたいなかんじですね!
ストライクが付与されていればいいのです!!
L.I.N.K.s美海にでも組ませてあげてくださいw
紅葉や結界なんて知らん、これがイレーネスじゃw

KTの解説
常時効果は(略)
アタックリンクはストライク付与し、更にこのカードに付与されている分のストライク数を倍にできるというもの。
自身の効果によって自分自身にストライクを付与しても効果が発動するので、簡単に言えばこのカード単体でP18000&S4ということ。
P20000でS4のLv4ロザリーがいますが、このカードはシフトターン縛りがないのでほぼ上位互換になります。
非常にダメージを通しやすい効果で、このカードが場に2枚いるだけで一方が完ガされても、もう一方で相手に6ダメージを与える事ができます。
一方が完ガされる事が前提であれば、Lv4ロザリーを場に2枚出す時より与ダメージ数が多く、優れています。
特に条件もないため、Lv4さくらとも組み合わせる事ができるので【ロザさく】よりも安定感があります。



TwitterなどのTLをみていると、『イレーネスがデレてる』『剣持ってる』等の意見がでているのでとてもワクワクしています!!
じきにイラストは公開されると思いますが、ほんとに楽しみです!!
KTさんの意見も参考になりますね♪
さて、そんなKTさんのイレーネスもみてみましょう。

……はい、KTです。
ばやりωすくんがP18000にこだわっていたので、KTは基本P15000でカードデザインしようと思います(笑)
ということで今回のテーマは
・基本P15000
・新しい効果を1つ以上
・ストライク上昇を活かす効果
・既存のイレネースを活かす効果
・同じストライク系列のテオやロザリーの強化にしない
・さくらに悪用されない
ということで、全体的にやや強めなカードデザインにしようと思います(・ω・)ノ

KT式イレーネス1
プログレスカード
レベル4/黒/P10000/G4000/S1
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(8)-1ΩΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+5000。
このカードがカード名に「イレーネス」を含むプログレスから登場していて、そのターン中にあなたのリンクが成功した「呪われし指先 イレーネス」が1枚以上いるなら、あなたのプログレスを1枚選び、そのターン中、他のあなたのカード名に「イレーネス」を含むプログレス1枚につき、ストライクを+1。

まずは無難にネームド要求・ネームド強化。
イレーネスが場に4枚いれば、ストライクを+3付与する事ができます。
ただし、指先イレーネスは既にアタックしている事が条件なので、実質付与対象は自身を含め3枚のみ。
更に指先イレーネスは絆効果持ちなので、Lv1PGのメインリンクを使っておかないと付与対象は更に減ってしまいます。
自身はP15000止まりなので完ガされる可能性もありますが、そこは付与でなんとかって感じで。
当然ながら、指先イレーネスのリンクを外すと目も当てられない状態になります(笑)
条件は「登場前のPGの名前を参照する」というもの。
テキストは3弾表紙勢のシフトターンのみ効果に似ていますが、「シフト」でなくてもよく、イレーネスネームドから登場していれば登場ターン以降もリンク効果を使えます。
つまり、Lv4カレンの効果で出した場合も効果が適用できるということです。
……まぁ、効果がネームド要求なので無理してやる意味はあまりないですが。

KT式イレーネス2
プログレスカード
レベル4/黒/P9000/G4000/S1
《常》他のあなたのストライク3以上のプログレスのパワーを+3000。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(8)-1ΩΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+6000し、ストライクを+1。
他のあなたのカード名に「イレーネス」を含むストライクが2以上のプログレスがいるなら、さらにあなたの手札を1枚選び、ダメージゾーンに置いてよい。
置いたら、この効果で置かれたカード以外のあなたのダメージゾーンの表向きのカード名に「イレーネス」を含むレベル5以下のプログレスを1枚選び、アウェイクしているカード名に「イレーネス」または「モルガナ」を含むプログレスのいるプログレスゾーンに置く。

トリッキーな戦術ができるようなカードデザインにした一枚。
常時効果は、ストライクが3以上のPGの強化。
一応、Lv4テオをP18000にしたりLv4ロザリーをP23000にしたりできますが、後述のアタックリンクの条件を考えると、イマイチ噛み合わないようになってます。
この効果の真価が発揮されるのは、やはり指先イレーネスを使った時。
指先イレーネスが自身にストライク付与すればP18000になり、Lv2イレーネスに付与すればP15000までパンプし、Lv2の前がLv4でもガードを2枚要求できるようになります。
相手のLv4の前に指先イレーネスを立てれば、相手はガードを切るのに相当困るはずです(笑)
ブーストイレーネスもリンク1回成功でP18000になるので、既存のイレーネスとの相性はバッチリ。
アタックリンクは、進化セニアを彷彿とさせるダメージゾーンからの登場。
黒Ωなのでもちろん回復はしませんが、既存のLv2イレーネスと組み合わせれば、高レベルのイレーネスをダメージに置くことは可能。
そして、ここで初めて出た「モルガナ」ネームド。
モルガナ新規は確率が低いですが、せっかくなので。
後はキーパーのモルガナがイレーネスネームドじゃないので、それも加味してこうなりました。
条件は、自身以外のストライク2以上のイレーネスがいること。
つまりはリンク成功した指先イレーネスか、ブーストイレーネスでOKということなので、上記イレーネス1よりかは幾分緩めの縛りです。
ブーストの場合は未アタックでもOKというのもポイント。
ちょっとオーバースペック気味なところも否めないですが、素P9000+S2のイレネース要求+手札コスト1枚+出せる場所はイレーネス縛りなので、条件との釣り合いはまぁ取れてるんじゃないでしょうか。
自身もストライク3になりますが、P15000止まりなので、指先イレーネスは相手の強い所に立て、こちらは完ガされないように相手の弱いところに立てる工夫が必要です。
……が、このカードのアタックリンクによってこれと同名カードが場に出た場合、そのイレーネスの常時効果も適用されるので、このカードのパワーは更に+3000されてP18000なります。

KT式イレーネス3
プログレスカード
レベル4/黒/P9000/G4000/S1
《自》リンク-登場した時【リンク(6)-ΩΩΩ】
あなたのカード名に「イレーネス」を含むプログレスすべてのパワーを+3000。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(8)-ΩΩΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+3000。
あなたのプログレスがすべてフォールしていて、他のあなたのカード名に「イレーネス」を含むパワーが18000以上のプログレスが1枚以上いるなら、あなたの山札を見て、リンクフレームのあるカードを4枚まで選んでゲームから取り除いてよい。
取り除いたら、そのターン中、あなたのゲームから取り除かれているリンクフレームのあるカード1枚につき、このカードのパワーを+2000、ストライクを+1。

「条件や縛りをキツくすれば何やっても許される」というのがアンジュの特性ですよね(違う)
さくらやロザリーのシフトターン縛り、双翼レミエルのブースト要求から更に加速させて、新しい条件(デメリット)を考えてみました。
まずは登場リンク。
自身を含むすべてのイレーネスを+3000できる便利な効果。
リンク6-3なのでワンチャン2回成功も読めます(しても微妙ですが)。
アタックリンクは山札からフレームを除外する事で効果が発動するというもの。
リメイク1回なら4枚除外することでパワー+10000、ストライク+5されます。
つまり、P25000のS6
これにはユウヒさんもビックリですね。
まぁ、ロザリーの2回成功には負けるわけですが。
ここまで読めば「よくもこんなキチガイカードを!」って感じですが、効果をよく読めばフレーム除外以外にも厄介な条件がいくつかあります。
[1]自分の場のPGが全てフォールしている
これはつまり、このカードが最後に殴らないといけないということ。
これによってさくらなどのアウェイクPGと組み合わせるのは不可能です。
このカードと同名カードを場に2枚並べても、アタックリンクの後半の効果を発動できるのは1枚のみです。
また、アタックリンクの性質上、このカードがリンクした後の山札にフレームが4枚残っている事が望ましいのですが、そのタイミングで山札が残り1枚とか、枚数あってもフレームが全然残ってないとかだとパワーとストライクの上昇値が減ってしまいます。
普通ならこのカードのリンク枚数分を考慮してアタックするタイミングを変えるもんですが、そのアタック順の調整が利かないので、事故る可能性があります。
[2]P18000以上のイレーネスネームドが場にいる
これは、以下のどれかが場にいなければいけないことになります。
・自身の登場リンクが成功し、リンク成功した指先イレーネスorブーストイレーネス
・自身の登場リンクが2回成功し、リンクが成功したLv2イレーネスなど
・リンクが2回成功したブーストイレーネスなど
つまり、他のイレーネスのリンクが2回成功しなければ、大抵の場合はこのカードの登場リンクが成功する事が前提になってます。
成功前提というのは、思わぬ時に事故につながります。

まぁ、これらを差し置いてもブースト以上のキルパワーを持っているのは間違いなし。
フレーム4枚除外してるんで返しはないも同然ですけどね。

ニック式イレーネス
プログレスカード
レベル4/黒/P10000/G4000/S1
《自》リンク-あなたの黒のプログレスがアタックした時【リンク(6)-ΩΩΩ】
あなたの黒のプログレスを1枚まで選び、そのターン中、パワーを+3000し、リンクを+2。
この能力は1ターンに1度しか使えない。
《自》リンク-リンクステップ開始時【リンク(8)-ΩΩΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+5000し、あなたのレベル3以上の黒のプログレスが3枚以上いるなら、そのバトル中、このカードのストライクを+3。

ニックの解説
さくらに使われないようにリンク内容と効果を考えました
強さ的にはさくらレミエルより下、ロザリーよりちょい上だと思ってます

KTの解説
自分のPGがアタックした時にリンクが発動するという特殊な効果。
もちろん自身のアタック時にも使えます。
アタックリンクの縛りは、Lv3以上の黒PGが3枚以上必要というもの。
このカードが場に出ていればLv2ロザリーでもOK。
基本的にはLv4:Lv4:Lv3:Lv2くらい盤面は望めるわけですが、このカードは単体で(前半のリンクが成功すれば)リンク10-5でP18000、S5という性能なので、ブーストロザリーを使うよりもこのカードを出した方が強いわけです。
Lv4ロザリーのようなシフトターン縛りもないので、ロザリーのほぼ上位互換と見ていいでしょう。
言っちゃあなんですが、このカードでアタック→前半リンク2回成功→アタックリンク12-5で2回成功→P26000でS8という可能性も秘めています。
2弾のLv4イザベーラや4弾ブーストと組み合わせれば、前半後半両方のリンクが+2されるので、ますます2回成功の確率を底上げできます。
……まぁ、一言で言えば「よくもこんなキチガイカードを」ってことです。



てなわけで、これにて3人の妄想は終了です。
(デメリットの無い)壊れカードは極力作らないようにしましたが、ばやりωすやニックのカードデザインには一切口出しをしていないので、こんな感じになりました。
イレーネスの妄想記事なわけですが、ネームド指定があるだけで、今後これに似た効果が出る可能性は十分にあると思います(=ω=)

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ