読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。
7/16:「PRカードリスト」を更新しました。

7章発売記念大会in精文堂(2015/03/08)

ブースター7章発売記念大会に行ってきました(・∀・)ノ
参加人数は22人
そこそこ多いですね。

場所:精文堂CARDBOX
人数:22人
大会形式:スイスドロー/シングル

使用デッキ(クリックでデッキレシピ表示)
KT混合カレンラウラ
ニックアーシア
ばやりωす【Ω単ラウラ】

KT混合カレンラウラ
昨日のアメニティドリームでの大会では散々だったので、あの後家で一人回しを入念に行いました。
これで今日はプレミは無いはず……!
昨日は出番が無かったLv4文にも、もうそろそろ活躍してもらいたいところ。
1試合目 VS【ソフィーナ
相手はソフィーナをこよなく愛する店員Hさん。
もちろん既に《真・覚醒 ソフィーナ》もデッキに入っているので要注意。
KTの先攻2ターン目でLv4ラウラの登場リンクが成功し、Lv4カーリーが出てくる。
KT「よかった、今日はLv1が3枚とかじゃない(ホッ」
相手の後攻2ターン目、相手はリザレクトソングを使って1弾Lv4ソフィーナを出す。
更に猫恩を打たれて、こちらのLv4カーリーをバウンスされる。

相手 6弾Lv2ソフィーナ Lv4ソフィーナ Lv0 Lv3ソフィーナ
KT Lv4ラウラ 7弾Lv2ペネル 6弾Lv2ペネル

ここでLv3ソフィーナがリンク失敗。
早々に真覚醒ソフィーナを出されなくて助かった^^;
返しで3キル……も考えたが、相手は2点で、手札も微妙だったため、1ターン耐えてから4キルすることに。
3ターン目でもLv4ラウラを出し、登場リンク成功で猫恩によって空いたPGゾーンにLv4を出してリカバリー。
ここぞとばかりにLv4文を立てて

KT Lv4カーリー Lv4ラウラ Lv4文 Lv4ラウラ

という展開にする。
何気にLv4文をデッキに入れてから、場に出たのは今回が初めて。
Lv4文のリンクも問題なく成功し、効果はLv4ラウラ2枚に付与。
返しの相手ターン、お互いの盤面は

相手 Lv4Linksソフィーナ Lv4ソフィーナ 4弾Lv4ソフィーナ Lv3ソフィーナ
KT Lv4カーリー Lv4ラウラ Lv4文 Lv4ラウラ

となる。
Lv4文の前に4弾Lv4ソフィーナが出てきてくれたのは嬉しいが、バーン効果を付与していないLv4カーリーの前がLinksソフィーナというのがキツい。
結局、このターンはバーン効果を付与したLv4ラウラ2枚の内、1枚がノーリジェクトでバーン無し、もう1枚はダメージが危なかったので普通に完ガと、バーンは発生せず。
返しの先攻4ターン目でLv4さくらとLv4カーリーを新たに追加し、勝ち。

2試合目 VS【アーシア】ニック
ここでまさかの身内戦。
といっても、ニックとのガチバトルは久し振りなのでこれも良し。
相手が後攻1ターン目で殴ってこなかったため、こちらはダメリバ無しでLv4ラウラのリンクが失敗。
しかし、Lv4ラウラのアタックリンクが1週目にも関わらず成功で2ダメージ、さらに相手が不発読みで1枚ガードしたLv2ペネルがリンク成功し、相手のダメージは一気に5点に。
相手の後攻2ターン目、相手は3弾Lv4アーシアが引けなかったのかLv4ヴァレリアにLv4ベネティアラでリンク+2し、Lv1フィリエルで奇跡3を付与してアタック。
当然リンクは成功し、捨札からLv4フォーレンティーナが出てくる。
こちらの先攻3ターン目、相手ダメージが5点なので、3キルを狙っていきたいところ。
Lv4さくらは引かなかったものの、Lv4蘭とLv4カーリーで押して勝ち。

3試合目 VS【エース】
当日の昼に開催された公認大会で優勝した方とそのデッキ(KTは昼の大会は不参加)。
その前の週でも優勝していて、今回の優勝候補の方です。

相手は先攻1ターン目でフォアラドルからエース4ノイン。
これ、勝てたパターンが今まで1回もないんですが(苦笑)
しかし、2ターン目でのフォアラドルはエース無しで不発。
負けじとこちらも後攻2ターン目のラウラリンク失敗。
しかし、後攻ということを活かして、即座に2枚目のラウラを出す。
2枚目のラウラの登場リンクは成功。
残る1エナジーでLv2ペネルを出そうと思ったが、手札にはもう1枚ラウラがあり、さらにダメリバも残っている。
KT「やるっきゃない!」
3枚目のラウラを出し、登場リンク。 ここも成功し、盤面は4面Lv4に。
返しの相手ターンでフォアラドルからエース3リグが出てくるが、豊富な手札で相手のアタックを凌ぐ。
こちらはLv4蘭とLv4カーリーを出すが、詰めきれず。
相手ターン、

相手 エース3リグ エース4ノイン エース4ノイン エース2レクティ
KT Lv4カーリー Lv4ラウラ Lv4蘭 Lv4ラウラ

という盤面で、KTのダメージは7点。
最後のエース4ノインのアタックはガードしきれず。
しかし、Lv4蘭の効果でデッキトップを引く。
引いたカードは非フレームで、手札に残しておいたフレームをデッキトップに。
これで1リジェクト確定で、残り1点を意地でリジェクト。
返しのターン、Lv4さくらを立ててLv4カーリーをアウェイクして勝ち。

4試合目 VS【リーナ】
じゃんけんで勝ち、KTが先攻。
【リーナ】相手に先攻を取れたのは大きいか。
相手は後攻1ターン目でLv1リゼリッタなどを使い、

相手 Lv0 Lv2テルル Lv1フランボワーズ Lv1アーシア

という展開。
Lv1アーシアはダメリバが無いため不発。
こちらもダメリバが無かったが、先攻2ターン目のラウラのリンクは素で成功し、Lv4文が出てくる。
相手ターン、相手はLv1アーシアのリンクが成功し、Lv1リゼリッタからLv2テルルを出すというすごーく美味しい展開。
このLv1アーシアのリンク成功が大きく、相手の盤面は一気に

相手 Lv4ヴェノム Lv4リーナ Lv3アクエリア Lv1アーシア ダメージ2
KT Lv4ラウラ Lv2ペネル Lv4文 Lv2ペネル ダメージ2

となる。
1週目が噛んでいたが、ここでLv4ヴェノム、Lv4リーナが立て続けにリンク成功。 ……非常にまずい。
しかし、Lv3アクエリアはリンク不発でダメージ通らず。
返しのターン、手札にはLv4ラウラがあるので普通に展開できるが、相手のLv4リーナがリンク成功している以上、リーナ前は絶対に通らない。
(Lv4ヴェノムのP+4000付与対象がLv4リーナしかいないため、リーナは確定でP19000)
KT「(だったらリーナ前は放置でいいか)」

相手 Lv4ヴェノム+ Lv4リーナ+ Lv3アクエリア Lv1アーシア ダメ2
KT Lv4ラウラ Lv2ペネル Lv4文 Lv4蘭 ダメ2

ということでLv4ラウラは次ターンに残しておき、Lv4蘭だけ展開。
Lv4蘭が意図せぬリンク2回成功をかましてしまうが、直後に「捨て」のLv2ペネルで殴ることでフレームの出を調節。
なんとかLv4ラウラとLv4文のリンクを成功させる。
ここぞとばかりにLv4蘭のバーン効果をLv2ペネルとLv4蘭に付与する。
しかし、相手のリジェクトが固く、1点しか通らず。
アタックフェイズ終了時、相手はLv4リーナでLv4シャーレをサーチ。
元からシャーレ軸なのか、サーチ時にデッキ内にリーナもヴェノムもいなかったのかは不明。
まぁ正直、リンク8-5の多いこのデッキではシャーレも致死レベルなんですけどね。

相手 Lv4ヴェノム Lv4リーナ Lv4シャーレ Lv4シャーレ ダメ3
KT Lv4ラウラ Lv2ペネル☆ Lv4文 Lv4蘭☆ ダメ2

※「☆」はLv4文でバーン効果を付与したPG
そしてまさかのシャーレ2枚。
これは詰んだんじゃ……と思ったけど、Lv4シャーレ1枚はリンク不発、助かった。
しかし、Lv4ヴェノムとLv4リーナもリンク成功し、またしても硬い。
Lv4文で付与したバーン効果は、付与した2枚とも発動したが、相手のリジェクトによって入ったダメージは1点。
返しのターン、放置していたLv2ペネルのところにLv4ラウラを出す……が、あまりフレームが見えていなかったので登場リンクは使用せず。
相手のLv4ヴェノム前にはLv4カーリーを出して威圧。

相手 Lv4ヴェノム+ Lv4リーナ++ Lv4シャーレ Lv4シャーレ ダメ3
KT Lv4カーリー Lv4ラウラ× Lv4文× Lv4蘭 ダメ3

※「×」=シャーレによってリンク-2されているPG
Lv4ヴェノムの効果付与対象はもちろんLv4リーナに。
Lv4文がリンク5-ΣΣΩΩとかなりキツかったが、Lv4ラウラ以外のPGのリンクはすべて成功。
しかし、カーリー、文を完ガされて通ったダメージは3点のみで、相手はここで2リジェクトで結局与えたダメージは1のみ。
そしてこのKTのターンでエキストラターンに突入。
返しの相手ターンでの双方ダメージ量で勝負が決まることに。

相手 Lv4ヴェノム+ Lv4リーナ+ Lv4シャーレ+ Lv4シャーレ ダメ4
KT Lv4カーリー Lv4ラウラ☆ Lv4文 Lv4蘭☆ ダメ3

相手ターン、相手はそのままの盤面で殴ってくる。
Lv4ヴェノム、Lv4文の前のLv4シャーレを完ガし、残りは自分のリジェクトとLv4文のバーン効果を信じることに。
Lv4蘭は、手札にフレームがあるので1リジェクト&1バーンは確定だが……

Lv4リーナアタック→KTダメージ:3→4 相手:4→5

Lv4シャーレアタック→KT:4→5 相手:5→5

同 点

KT「あれ、引き分けですか」
店員「いえ、この店ではダメージ差が出るまで追加ターンを行います」

……ということで、泣きのもう1ターン。

相手 Lv4ヴェノム+ Lv4リーナ+ Lv4シャーレ+ Lv4シャーレ ダメージ5
KT Lv4カーリー× Lv4ラウラ Lv4文 Lv4蘭× ダメージ5

Lv4蘭のリンクが5-1ΣΣΩΩとなるが、意地で成功し、勝ち。

……本当に疲れた厳しい戦いでした。

5試合目 VS【ペネルカレン】
相手は先攻2ターン目でLv1琉花のメインリンクが成功したことを狙ってリザソンからLv4カレンを展開。
しかし、リンクは不発。 KTはここで余計な1リジェクトでノーダメージ。
KTの後攻2ターン目、ダメリバ無しによってLv4ラウラリンク失敗。
その後、ダメージ7点で耐えた相手の盤面が

相手 5弾Lv4ペネル Lv4カレン Lv1ミト 5弾Lv4ペネル

までいくが、Lv1ミトのリンクが失敗して、Lv4カレンからはアタッカー出てこず。
返しのターン、手札から追加でLv4さくらとLv4カーリーを並べる。

相手 5弾Lv4ペネル Lv4カレン Lv1ミト 5弾Lv4ペネル
KT Lv4カーリー Lv4さくら Lv4カーリー Lv4カレン

しかし、ここでカーリー2枚とさくらがリンク失敗。
しかし、相手も満身創痍の7点だったため、そのままダメージ入って勝ち。
ちなみに、デッキをめくってみたら最後のLv4カレンのリンク7-5は素で成功してました(笑)

てなわけで、優勝(・∀・)ノ
Lv4文が(1試合だけだったけど)大活躍してくれたのでもう満足です。
2ターン目ラウラの成功率は相変わらず5割を下回っていましたが、今回はLv4カレンでゴリ押しするというよりはLv4ラウラのエナ回収に加えてLv4蘭やLv4文で耐久する試合が目立ちました。
相手をよく見てゴリ押すか耐久するか決める必要がありそうです。

ニックアーシア
1試合目 VS【混合】
アーシアを引かなかったためヴァレリアで展開し、新アーシアを2体立てる。
相手のリンクが成功せず展開がゆっくりだったのでアーシアに奇跡を付与しそのままゴリ押し

2試合目 VS【混合カレンラウラ】KT
アーシアを引かず思うように動けずにいるうちに負け

3試合目 VS【混合】
今回もアーシアを引かなかったため展開が厳しいのに加え、相手がスレイを早く出してきたのでどうしようもできず負け

4試合目 VS【レミエル】
相手の調子が良く3ターン目の時には相手2点自分6点の状態。
場面

ニック 片翼レミエル フォレンティーナ 新アーシア ヴァレリア

この状態で攻撃しリンクが成功するがヴァレリアがガードされたため、ヴぇネティアラに交換しレミエルにリンクを付与。
新アーシアのリンクが二回とも成功し三回目の攻撃はせずアウェイクさせておく。
レミエルで攻撃しリンク成功時にアーシアブーストを新アーシアの上に登場させ攻撃させダメージを与えたが詰めきれず負け

ニック 片翼レミエル フォレンティーナ ブーストアーシア ベネティアラ

5試合目 VS【アウロラ
2ターン目にアーシアが成功する理想の展開。
次のターンに新アーシアごり押ししたら相手が全くリジェクトせずに勝ち


戦績(クリックでデッキレシピ表示)
KT混合カレンラウラ】○○○○○ 優勝
ニックアーシア】○×××○
ばやりωす【Ω単ラウラ】

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ