読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。
7/16:「PRカードリスト」を更新しました。

【アンジュSS】「ある日の日常」第1話

Write:ダッチ

第1話

「あれ?おかしいな……」

「どうした竜人」

「あぁ達臣か。まぁ大したことじゃないんだけど、宿題忘れちまってさ」

「なんだ。別に珍しくもないな」

「……事実だから言い返せないけど何かむかつくな」

「だが竜人、流石に今回はまずいんじゃないのか?」

「は?なにがだよ」

「忘れたのか?この前の全校集会で問題を起こした生徒はエクスシアに殴られ……もとい調教されるって言っていただろう。お前、前回も宿題忘れて警告されていただろう」

「…………」

「忘れてたって顔だな。まぁ自業自得ってことで諦めるんだな。俺も手の掛かる友人が自立してくれるのは助かる」

「やべぇ、何とかしないと……そうだ!お~い、ソフィーナ!宿題見せてくれ」

「嫌よ」

「一蹴ですか……頼むよソフィえもん~友達じゃないかよ~」

「私には都合の良いだけの友達はいないのよ。達臣の言う通り自業自得よ。諦めなさい」

「うわ~ん!!ソフィーナちゃんどうしよう、宿題忘れちゃったよ~」

「仕方ないわね、美海は。ほら、これ写しておきなさい」

「ありがと~ソフィーナちゃん!!やっぱり持つべきものは友達だね!!」

「全く調子がいいんだから……///」

「あれ?今目の前でひどい差別が……」

ソフィーナは美海に甘いですから」

「おう、セニアか。あっセニアは宿題やってあるか?」

「はい。宿題をやるのは学生の義務であると記憶しています」

「まぁそうなんだが……ほら、そこは友人同士の助け合いってことで……」

「そういえば最近『猫カフェ』というものがオープンしたらしいですね。非常に興味があるのですが、誰か連れていってくれる人はいないでしょうか(チラッ」

「……分かったよ。今度連れて行ってやるから宿題見せてくれ。あれに殴られるのは御免だ」

「交渉成立。どうぞ」

「よっしゃサンキュー!!これで何とか助かるぜ」



―――放課後

「世良竜人君いますかー?」

「ん?エクスシアか。どうしたんだ?」

「うん。君さ、今日の宿題誰か……白の世界の人に見せて貰ったでしょ」

「!?な、なぜそれが!?」

「だってこれ、どう考えても君が考えたようには見えないんだよね。先生曰く専門家レベルの途中式が使われてるってさ」

「お前、これを丸写ししたのか……。途中で気付けよ」

「ははは……」

「それじゃあ、反省してもらおうかな。大丈夫、痛くないからね~。後で魔法の呪文唱えてあげるから☆」


――以降、俺が宿題を忘れることは学園生活が終わるまで無かった。

 →次回更新:12月8日(火)

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ