読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。
7/16:「PRカードリスト」を更新しました。

アンジュ・ヴィエルジュプレミアムカップ(2016/7/17)

大会レポート

アンジュ・ヴィエルジュプレミアムカップのレポです(・∀・)ノ

場所:精文堂CARDBOX
人数:15人
大会形式:スイスドロー/シングル

KT紗夜
ダッチステラ

KT紗夜
12章環境初ブルーミングバトルです。
とりあえず12章RLv4紗夜が1枚足りない状態ですが、まぁ気にしない方向で。
アクション枠はかなりガバガバ。
回した感覚としては、差が激しいように感じます。
特にブート。先攻だとまず使わないですね。後攻だとむしろ無いとキツいんですが。
1試合目 VS【エルエル】 ○
エキストラターン突入。
KT4点、相手6点でエキストラターン2ターン目でなおかつKTのターンだったのでターンエンドして勝ち。
試合内容は別に泥沼化していたわけではなかった。

2試合目 VS【ルビー】 ○
被ダメが少なめで、なぜか全部リジェしたので先2まで0点の状態。
ダメリバ無しでLv4帯のリンクを当てる作業だった。

3試合目 VS【ステラ】 ×
またダメリバ無しで当てる作業。しかし今回は当たりがやや悪い。
先2でリンクが全然当たらなかったので、KT1点:相手6点の状態で相手の後3に。
KT「手札7枚あるし余裕かなー」
 
 
 
ノーリジェクト
 
 
 
KTの長いアンジュ歴の中で、1ターンのうちにダメージに置かれた枚数最高記録です。
(0点から負けたことはないので)
ダメ2桁食らう内の3点だけリジェクトすればいい状況をノーリジェクトだと……
まぁなんかアンジュの闇を垣間見ました(苦笑
相手の後2で、ダメリバ1~3枚貰える予想だったところがまさかのダメリバ0枚だったのが、もう少し考慮すべき点だったかもしれません。

4試合目 VS【ナイア】 ×
相手が序盤からめちゃくちゃガードしてきて、なおかつこちらはまたダメリバ無し現象。
4面中2面リンク外して、先3で詰めるのが無理に。
KT「でも自分ダメ2点で盤面はぜんぶLv4だし、手札7枚だし、トップリジェクト確定だしストライクルミナスあるしこれで死ぬわけがないな!」
 
 
 
ノーリジェクト
 
 
 
トップ確定1リジェを除くと、合計8ダメ中2リジェすればいいのをノーリジェクト。
これもうわかんねぇな

「直前のターンにリンクでフレーム見えまくって返しで全然リジェクトしなかった」というのはアンジュあるあるですが、「リメイク後にノーリジェクト」ってのは中々お目にかからない現象でした。
この2試合、試合後にエナ確認してもそんなにフレームくってるわけじゃないんですよ。不思議です
唯一あるとすればトップ操作で固まったフレーム、非フレームがリメイク時のシャッフルで混ざらなかった可能か。
以後はもう少し入念にシャッフルしてみます^^;

結果発表時――
店員さん「KTさんオポ強かったから、最後の試合勝ってたら2位確定でしたよ」
KT「衝撃の真実」



ダッチステラ
1試合目 VS【ルビー】 ×
リメイク寸前の山にフレームが残っておらず相手の後2で5点まで入れられ、先3キルを狙うも相手のハンドは7枚とガードは硬く、リジェクト1点でもすれば生き残り。
ルビーの圧縮力は流石、5リジェ程され返しで確ダメトップ盛りされ敗北。

2試合目 VS【美海】 ×
先1でゲイルステラを出すも除去が響き、ハンドにLv4しかおらず動けないままサンドバック状態で敗北。

3試合目 VS【カレン】 ○
相手にフレーム除去のミナを使われるが、ゲイルステラが除去られなかったのでエナジー先行に成功。
普通にLv4を展開していき、ダイバーを絡めて勝ち。

4試合目 VS【セニア】 ○
相手の展開、リンク率が悪くこちらはゲイルステラを先1で出す理想展開。
相手がリメイクに入った直後にこちらの盤面は整い、ステラダイバーで殴り勝ち。

今回は下地が曖昧でまだ調整が必要と課題。

戦績(クリックでデッキレシピ表示)
KT紗夜】○○××
ダッチステラ】××○○ 

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ