読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。
7/16:「PRカードリスト」を更新しました。

今日のカード考察(2/13~2/17)

今日のカード カード考察 四天に舞う乙女たち

2月13日~2月17日分の「今日のカード」考察です(・∀・)

春満開 ロザリー
心の支え レミエル
出撃待機 アインス・エクスアウラ
コードΩ77ステラ ソニックスタイル
私だけの輝き 蒼月紗夜
※ブースター第15章「四天に舞う乙女たち」収録分
※各メンバーの意見・考察はアテにならないから、鵜呑みにしないでね。


f:id:AICmember:20170217232054j:plain

春満開 ロザリーC
プログレスカード
レベル2/黒/P7000/G5000/S1
【常】あなたのターン中、他のあなたのレベル3以上のプログレスがいるなら、このカードのレベル+1。
【起】[他のあなたのレベル2以上の《ロザリー》を1枚フォールする]
1枚引き、あなたのエクシードデッキの裏向きのカードを1枚選び、表にする。
この能力は1ターンに1回しか使えない。
【自】【リンク6-ΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+6000。

KT
レベルアップ効果を持つLv2ロザリー。

1つ目の常在型能力は、他にLv3以上のPGがいれば自身のレベルが3になるというもの。
使い勝手の良い定番効果。

起動型能力は言い換えれば、EXオープンの際にフォール対象がLv2以上の「ロザリー」なら追加で1ドローできるというもの。
フレームに対応してないので発動機会は多くないが、地味ながらも序盤、中盤、終盤、隙の無い効果である。
ルールによるEXオープンではないため、レベルアップ効果でLv2に上がった∀を対象にすることができる。
エース1ロザリーと3章Lv3ロザリーのレベルアップ効果を∀に集約する以外ではあまり目にすることは無いかもしれないが、覚えておくといざというときに役立つだろう。

リンクは6-3でP13000まで。緩いリンクで中々良いライン。


f:id:AICmember:20170217232106j:plain

心の支え レミエルR
プログレスカード/Σ
レベル1/赤/P7000/G5000/S0
【常】エース1(レベル1のエースはデッキに4枚まで入れられる。)
【自】このカードがプレイされて登場した時、あなたの山札を見て「心の支え レミエル」を2枚まで選んでサーチし、別々のプログレスゾーンにフォール状態で置く。
【起】[他のあなたのレベル1以上の赤のプログレスを1枚フォールする]
そのターン中、このカードのレベルを+1。この能力は1ターンに1回しか使えない。

KT
新しいエースのレミエルフレーム。
14章で登場した同じエース1である《年末大掃除 レミエル》と似たような効果ではあるが、実は大きく違う。

自身のプレイ登場時に、山札からこのカードの同名カードを2枚まで場に出せる。
一見すれば、デッキからフレームを抜いているわけで、リンク率・リジェクト率に支障が出る効果。
しかし、この手の効果にしては珍しく、効果で出したPGの上にそのターン中にシフトが可能で、さらに後述するレベルアップ効果もそのターン中に使えるという、中々に可能性に溢れるカードである。

起動型能力は、自身以外のLv1以上の赤PGをフォールすることで自身のレベルが上がってLv2になるというもの。
汎用性が高いが、EXオープンを阻害することになるので、乱用はできない。

端的に言ってしまえば、14章のエース1よりも大幅に強化されている。
先攻であれば、

エース1 エース1 エース1 Lv1

と展開することができ、場から∀を一掃できる。
次ターンも、EXは2枚オープンできればいいので、レベルアップ効果を1面~2面は使うことができる。

さらに、このカードの真価は後攻にあり、後攻では、

T1 エース1 エース1 エース1 Lv0
T1 エース1 Lv2 Lv2 Lv0

や、

T1 エース1 エース1 エース1 Lv0
T1 エース1 エース1 エース2 Lv0
T1 エース1 Lv2 Lv3 Lv0

などの盤面も可能。
効果で出したエースは、プレイしたエースをフォールすることで即座にLv2にすることができるので、そのままLv3やLv4をシフトすることができる。
レベルアップ効果でフォールは必要になるが、それを差し引いてもフレームが一気に3枚盤面に並ぶのはEXをオープンする上で非常に有利。
また、リスク分散型効果により、相手の除去にも強いという、展開系フレームでは高いポテンシャルを誇る。


f:id:AICmember:20170217232126j:plain

出撃待機 アインス・エクスアウラC
プログレスカード
レベル2/緑/P7000/G5000/S1
【自】このカードがプレイされて登場した時、あなたの捨札のレベル2以下の《アインス》を1枚まで選び、あなたのレベル1以上のプログレスのいるプログレスゾーンにフォール状態で置く。
【自】【リンク5-ΣΣΣ】
そのターン中、このカードのパワーを+6000。

KT
展開系の効果を持つLv2のアインス。

自身のプレイ登場時、捨札のLv2以下のアインスネームドPGを、他のLv1以上のPGの上に出せる。
【アインス】デッキには、フレームにもLv2にも他のPGをレベルアップさせる効果を持つカードがあるので、レベルを1に上げた∀の上にレベルアップ効果持ちのLv2を出すことで、結構なボードアドを稼げる。
一般的な例としては、Lv2体育祭アインスの効果で∀2面をLv1に上げて、そこにこのカードをシフト、効果でもう一方のLv1∀の上にクリスマスナイア&アインスを出すことで、1エナジーでLv4を即出せるという流れになる。
とはいえ、【アインス】デッキには他に場に出したいLv2PGがごまんといるので、展開スピードが間に合っているのなら無理に展開に絡める必要はない。
弱くはなくリターン力があるので、理想展開で使う予定が無くとも保険程度に数枚挿しておくにはいいだろう。


f:id:AICmember:20170217232151j:plain

コードΩ77ステラ ソニックスタイルU
プログレスカード
レベル4/白/P8000/G5000/S1
【常】あなたのエナジーが5枚以上なら、このカードのパワーを+4000。
【常】あなたのカードが山札の上からエナジーゾーンに置かれる際、かわりにその2倍の枚数のカードが置かれる。
【自】【リンク9-ΩΩΩΩΩ】
そのターン中、このカードのパワーを+8000。
あなたのチャージが5枚以上なら、相手に1ダメージ与え、あなたのエナジーを裏向きのまま2枚まで選び、手札に戻し、あなたの山札の上から1枚を、エナジーゾーンにフォール状態で置く。

KT
エナジーチャージ効果を持つLv4のステラ。

素パワーはP8000。
常在型能力により、エナジー5以上でP12000になる。
また、ゲイルスタイル同様エナジーの置く枚数が2倍になる常在型能力を持つ。
ゲイル頼みな【ステラ】デッキにおいては、5枚目以降のゲイルスタイルとして使えるだけでも採用価値は十分あるだろう。

リンクは9-5でP20000まで(エナジー5以上なら)
チャージ5以上なら、1バーン&エナジーから2枚手札補充&エナチャ。
チャージ5は、EXタイムレス採用型なら先3もしくは後2で使える。
手札補充効果なので、後2で使えるのはありがたい限り。
打点量は少ないが、汎用性の高い効果で攻守ともに使えるため、【ステラ】デッキでは複数枚採用も視野だろう。


f:id:AICmember:20170217232139j:plain

私だけの輝き 蒼月紗夜SR
プログレスカード
レベル5/青/P12000/G5000/S1
【自】このカードがアタックした時、あなたのチャージが5枚以上なら、他のあなたのプログレスを1枚まで選び、アウェイクし、そのターン中、選んだプログレスに「【常】このカードはリンクできない。」を与える。
この能力は1ターンに2回しか使えない。
【自】【リンク9-1ΣΣΣΣ】
このカードをアウェイクし、そのターン中、このカードのパワーを+9000。
この能力は1ターンに1回しか使えない。

KT
「ブースト」を持たないLv5の紗夜。ストライクは1。

自身のアタック時にチャージ5以上なら、他のPGをアウェイクできる自動型能力を持つ。
チャージ指定こそあるものの、「アタックした時」というかなり緩い条件で発動できる。
また、ストライク2のPGもアウェイクできるので、場にブーストなりS2のPGがいればコレ1枚でかなりの打点数が稼げる。

リンクは9-5でP21000まで上がり、自身アウェイク。
上記のアウェイク効果は1ターンに2回まで使えるので、自身のリンクが成功すればそのまま2回分効果が使えるという自己完結っぷり。
パワー上昇値の都合上、EXウィンドルミナスとも相性が良い。

使い勝手の良い割に単体打点の高い強力なカードだが、【紗夜】デッキでLv5を狙って出すのは微妙に難しい。
入れ替え効果の夜の特訓や、シフトコスト0化の紗夜&美海はLv4にのみ対応しているので、基本的には余剰分のエナジーを使ってシフトする他ない。
あとはAC電脳道場という手もある。
ランダム要素が強くて安定性に欠けるが、エナジーコストを軽減する方法はこれくらいしかない。
強いカードではあるが、安定して盤面に並べられる手段が無いのなら、複数枚採用には気を付ける必要がある。

このカードの登場が嬉しいのは、他でもなく【レミエル】デッキだろう。
ストライク2PGをアウェイクできるという性質上、ブーストを多く扱うこのデッキでは相性バツグン。
今までの打点不足を補ってくれる1枚である。

例えば、よくある盤面として以下の盤面で考える。

絆の片翼 超・覚醒 導き Lv1

+EX尊き絆の奇跡

この盤面で
超覚醒→導き→導き効果でLv1の場所にLv5紗夜登場→紗夜→紗夜効果で超覚醒アウェイク→超覚醒→紗夜(2回目)→効果で超覚醒アウェイク→超覚醒&ドライブで導きの場所にブースト登場→ブースト→絆の片翼
というように殴ることができる。
この場合のダメージ量は17点で、【レミエル】デッキにしては結構な高打点。
転生レミエルできちんと盤面を整えていれば、ブースト2面紗夜2面なんてことも可能。
このカード自身は「ブースト」を持たないので、導き以外のレミエルからは出せないのには注意が必要だが、打点数を伸ばしてくれる貴重なカードなので採用も一考。

●関連記事
aicblog.hatenablog.jp

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ