読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AICブログ

公認サークル「Ange Illustration Circle」のブログ

アンジュ・ヴィエルジュの大会レポートや今日のカード考察、サークルメンバーの描いたイラストなどを記事にしていきます。

15章BOX特典エクシードについて

15章の初回生産BOXには封入特典として、チャージ0のエクシードカードが付属します。
これが強いのなんの。
aicblog.hatenablog.jp
※EXは上記記事のページ下部に※

ということで、環境考察なんて大それたもんじゃありませんが、とりあえずこの「15章EX」を想定した各デッキへの影響を考えてみました。
チラ裏感覚で読んでください(=ω=)

まずは「15章EXってどういうカード?」というところから。
以下の共通効果を持つチャージ0のエクシードカードです。

f:id:AICmember:20160610215218p:plainf:id:AICmember:20160610215207p:plain【自】このカードが登場した時、あなたのエクシードデッキに表向きの「●●」があるなら、~効果内容~。
f:id:AICmember:20160610215218p:plainf:id:AICmember:20160610215207p:plain【自】このカードが登場した時、あなたのチャージが3枚以上なら、あなたのチャージの「●●」を2枚公開してよい。
2枚公開したら、あなたのエクシードデッキの解放条件を満たしている表向きの解放チャージ数2のエクシードを1枚選び、チャージにしてよい。
そうしたら、あなたのエクシードデッキの表向きの「●●」を1枚まで選び、チャージにする。
※●●=エクシード名

おおまかに言えば、
・自分のターンでも相手のターンでも両方効果が発動
・解放した時にEXデッキに相方がいれば1つ目の効果が使える
・チャージ3の時に解放したらチャージ追加2枚
という効果。
チャージ2のEXを追加できない場合は、チャージ追加効果を適用できない点に注意。
※追加するチャージ2の解放条件を満たしていないといけないのでキャラ単以外で使える汎用カードではない

これが従来と比べてどう違うか?
(1)手札が増える!
単純ながらこれに尽きる。
基本的に先3までに手札枚数+3枚。
従来はチャージ5なら+1枚、チャージ6狙いなら+0枚と、基本的にEXで手札を増やすことは不可能でした。
バーコードPRや15章に収録される新EXでいくらか手札補充はできるが、やはり+3枚は破格。
15EXを使う一番の理由はここです。

(2)自分の後2でチャージ5、相手の先3でチャージ6が指定の効果を使える!
15EXは後攻でも先攻と同じような動きになるため、従来のような
「後攻なら後攻で、自分の後3にぴったりチャージ6になるようにする」
というわけではなく、相手の先3にはもうチャージ6になっている。

15章ではコンバートをはじめ、「チャージ5以上」指定の効果を持ったPGが多く登場する。
なので、自分の後2でチャージ5効果が適用できるのは非常に有利に働く。
相手の先3でチャージ6を達成している点も、今回の美海・ソフィーナ・マユカのEX5の効果を最大限に発揮できる。

逆に、先攻の場合は先2で「チャージ3以上」指定の効果が使えなくなる点には注意。

(3)ネームド以外のフレームを入れられる!
従来のデッキでネームド以外のフレームが入れらない原因のひとつとしてあったのが、
後攻の時に相手の先2でEX2が打てなくなる
というもの。
しかし、15EXでは盤面をネームドで染めるのは自分の後2でOK。
後2で必ずどかせるなら、場に出るフレームでもネームド以外を使える!
アウロラ】にルビーフレームを入れたり、【アインス】にマユカフレームを入れたりするのはもちろん、白Ωにトルテを入れる等、デッキ構築の幅がグンと広がった。
※相手に除去撃たれて盤面に残らないように注意※

これをまとめると、
「入れられるなら入れたい」

とはいえ、すべてのデッキで入れられるかというと話は別で。
ということで、15EXを採用できるのか?というのを各デッキごとに考えていきたいと思います。

結構な数のカード紹介があるので、既存・新規ともにカード名の後に脚注つけてます。クリックでカード画像に飛びます。

索引(クリックで該当箇所に飛びます)
青:エアリアルセイバー
黒:ブラックアーク
赤:ルビリ・オムニ・アフェクティオ
白:タイムレスワールド
緑:グリューネハーツ

長ったるい御託はいいから結果だけ教えろ!って人はこちら


エアリアルセイバー*1

あなたの山札の上から3枚見てレベル2以上のプログレスを1枚まで選んで公開し、手札に加え、残りを山札の下に好きな順番で置く。

トップ3枚からPGをサーチできる。
Lv2以上の指定があるため初手率には貢献できないが、青デッキはどれもLv2に重要カードがあるため、重宝する。
しかし、めくった3枚が フレーム、フレーム、アクション という場合には手札が増えないという事故の可能性がそこそこある。
アクションの枚数を減らす等、ややエアリアルセイバーに寄せた構築が望ましい。

【紗夜】×
【紗夜】には強力なEX2のチェインルミナス(被ダメ軽減)*2シュートルミナス(サーチ)*3があるので、先3チャージ4が目標なら無理に採用する必要はない。
エアリアルセイバーでめくったトップの残りはボトムに戻る。
つまりは紗夜全般のトップ操作効果との相性が最悪、というもの採用を躊躇する要因のひとつ。
さらに効果の性質上、初手でウィンドルミナス*4を表にしておくのも難しいため、《クリスマスチョイス 美海&紗夜》*5の採用も厳しくなる。
∀に紗夜&美海*6を使えば、初手でEX0コネクトウインド*7が打てるので従来通りの動きでもある程度手札補充はできる。

【美海】×
純粋な美海単でない限り、盤面にLv4赫夜*8が残る場合が多いため、常時チャージ6を目指すのは難しい。
しかし、チャージ5は達成したいので、赫夜がいない状況でしかチャージ効果を適用できないエアリアルセイバーは使うに使えない。
∀を美海&マユカ*9にすることで、初手で確実にツインテール美海*10をサーチできるEX0グリム・サプライヤー*11が使える。
初手以外はEX0コネクトウインドがあるので、従来通り先2で赫夜を立てる前にEX2エアリアルロード*12を打つ動きでいいだろう。

【葵】
・手札は増えないが《クリスマスチョイス 美海&紗夜》を優先して従来の構築
・初手率よりも手札数優先で15章EX構築
の2択を迫られる。
15章の《穏やかな並木道 御影葵》*13のおかげで新たな初手パターンが生まれたので、わざわざ初手エースにこだわる必要がなくなった。
……ということはやはり15EXが強いわけだが、初手率云々を差し引いてもクリスマスチョイスが強かったので、難しいところ。
とりあえずは15EXで回してみて、どうしても手札安定率が低いと感じたら、従来の方式に戻すのがいいだろう。
(15EXの圧倒的な手札補充パワーを一度経験してしまうと中々戻し辛いが……)


:ブラックアーク*14

1枚引く。

シンプルイズベストを体現したカード。
ACインディゴ*15を引き込める確率が上がるのは下記3つのデッキすべてにおいて言える最大の長所。
汎用性が非常に高く、ΩでもΣでも重宝する効果。
初手率にも大きく貢献してくれる。

【アルマリア】
EXオープンには比較的余裕のあるデッキなので、問題なく採用できるだろう。
たしかにEX2ブラッドネット*16は強いが、それを差し置いても採用する価値はある。
《天音への想い》も視野だが、ドライブパワーの面でブラックアークに軍配が上がる。

ソフィーナ
型にもよるが、自分の手札枚数がそのまま有利に繋がる【ソフィーナ】では待ちに待ったEX。
既にサーチが充実しているので、フレームやACを引き込めるドロー効果は非常にありがたい。
また、後攻の時は相手の先3でチャージ6になるのでEX5黒の継承者*17のパンプ効果を最大限に活かせる。
後攻の時に、訪問ソフィーナ*18から《気まぐれ占い ミルドレッド》*19や《ふわふわ魔女 ウェンディ》*20が出てもEX事故を起こさないという長所もある。
盤面がソフィーナだけで埋められた場合にはEX0ブレイズテラー*21が良い仕事をしてくれる。
やや枠を取られるが、
旧EX0
新EX0(ブレイズテラー)
15EX0 ×4
EX2
と入れておけば、臨機応変に対応できるだろう。

【ロザリー】
基本的に【アルマリア】と同様。問題点は特にない。
《天音への想い》が使えない分、ブラックアーク一択だろう。


:ルビリ・オムニ・アフェクティオ*22

あなたの捨札のレベル2のプログレスを1枚まで選び、手札に戻す。

赤デッキはどれも初手レミエルピュリファイ*23に依存しているため、採用は中々難しい。
効果自体もLv2PGサルベージという微妙なライン。
フレームを回収できないので初手率の貢献度も低い。
登場リンクなどで序盤の山札掘削速度が速いデッキなら使い道は色々ある。

【エルエル】×
初手レミエルピュリファイの依存率が高いため、採用は難しい。
《絆の聖夜 ルビー&エルエル》*24を使う場合はなおさら難しい。
《天音への想い》やEX2ブルームエール*25が出て従来通りの動きでも手札補充はある程度できるので、無理に移行する必要も無いか。

【ルビー】×
《刹那の輝き ルビー》*26のリンク次第でEXオープンのしやすさが変わってくるので、考え無しに突っ込むのは危険。
初手の相性的にもEX0レミエルに軍配が上がる。
色々と不安要素があるので、採用は難しいか。

レミエル
初手エースを確定させたいので、レミエルピュリファイの依存率は高い。
初手レミエルピュリファイを諦めれば、代わりに《新米天使 エルエル》*27を採用する等、下地にエルエルを組み込むということが可能(その分捨札肥やしの手段が欲しくなるが……
サルベージしたいLv2自体はそこそこいるので、採用できるならしたいところ。
Lv5紗夜との相性が抜群に良いので、チャージ5は目指したいところ。

アウロラ
EXRがチャージ6なので、可能であれば採用したい。
そもそもEX6イラ・ルビリ・アウロラ*28の2バーン条件がやや面倒なため、EX6フレンドフル・ソング*29を使う可能性もあるが……どちらにせよチャージ6。
できれば採用したい。
初手レミエルピュリファイの依存率はそこまで高くないので、よくよくフレーム構成を考えよう。
従来のEX構築と異なり、
・《刹那の輝き ルビー》を後攻でも場に出せる
・後3で愛の一撃アウロラ*30のチャージ7指定をクリアできる
という利点もある。


:タイムレスワールド*31

あなたのエナジーを裏向きのまま1枚選び、手札に戻し、あなたの山札の上から1枚を、エナジーゾーンにフォール状態で置く。

ドロー効果のブラックアークに次ぐ汎用性の高さ。
エナジー自体は非公開情報だが、山札の中さえ確認できればエナジーの中身は自ずと検討がつくのも良い点。
エナジーチャージ2倍効果にも対応するので、ペネルやステラが場にいればエナジー枚数が1枚増える。

【ステラ】
相性バツグン。採用しない手はない。
ゲイルステラ*32ソニックステラ*33のエナチャ2倍効果の恩恵を受けるため、使うたびにエナジーが1枚増える。
先1でゲイルを立てた場合は、先2でエナジーが6枚になる。※使えるエナジーは5枚
先1ゲイルをしつつ、先1先2でEXオープン2枚という条件がやや厳しいが、恩恵は非常に厚い。
15EX構築により、Lv1トルテ*34やLv1ゼシカ*35を採用できるようになる。
特にトルテは先1ゲイルをやるのに有効なので一考の余地あり。
新しいEX0セカンドアクセル*36はステラ指定があるが、これはトルテを引かなかった時や場に出したトルテをフェイズシフトで消せた時に使える。
ちなみに、初手で3枚EXオープンできた場合、先攻で
先タイムレス→後タイムレス→先2ndアクセル→後タイムレス
という順番で打つことが出来る。この場合の手札補充枚数は+4枚という驚異の値になる。

【ユーフィリア】
安定して採用できる。手札が増えるのは非常に嬉しい。
初手でサーチにより山札を見れるため、回収対象であるエナジーが何のカードが検討が付くのが非常にありがたい。
「エナジーフェイズで置いたエナジー」と「効果でチャージしたエナジー」を区別して覚えておくことで、疑似的なサーチにもなる。
例えば、手札に加えたいカードがエナジーにある場合なら、先2までに確実に回収できる。
逆に、特に必要としていないカードなら、効果でチャージしたカードを次ターンに回収することで手札の質を上げられる。
これを意識することで、結果はかなり変わるだろう。

【カレン】
こちらも特に問題無く採用可能。
除去られた時のEXオープンの復帰手段を確保しておくと心強い。

【セニア】
現在のセニアフレームを整理すると、
・手札誘発(手札交換)
・リゼ互換
・登場リンク&レベルアップ
・レベルアップ
で、サーチ手段が無い。
サーチ手段の確保&除去メタとしてLv1トシコシユフィ*37の採用が濃厚。
つまりはタイムレスに頼らざるを得ない。
まぁ採用上、特に問題点も無いので大丈夫!


:グリューネハーツ*38

あなたの山札の上から2枚を公開する。
相手は公開したカードから1枚選び、あなたの手札に加え、残りを捨札に置く。

「ミギリ効果」と言って今のアンジュ勢に伝わるか怪しいが、トップ2枚から相手が選んだカードが手札に加わる効果。
基本的に手札の質は向上しないと考えた方が妥当。
今回の5種の中で唯一山札を2枚掘削できる効果を持つ。地味ながらもリメイク速度に貢献してくれるだろう。
初手で使う場合、展開し終わった時点での使用だと不要なフレームを選ばれてしまうため、エナジーに余裕がある段階で使用し、相手に
「フレームが足りないからこの段階で打ったのか?」という揺さぶりをかけていくことが重要。

【ナイア】
EXオープンにやや気を付ける必要があるものの、問題無く採用できる。
《指導者 フィーリア・グレンハルト》*39を入れられるようになる。入れるかは別だが。
元から(リンクさえ当たれば)手札補充に強いデッキなので、ハーツ投入後は序盤~中盤のガードにさらに手札を割けるようになり、防御面が伸びるだろう。

【マユカ】
※《運命の選択 マユカ・サナギ》*40が入る前提ですが、登場時期は未定です※
エース1マユカ&アゲハ*41とLv1運命の選択マユカの登場により、初手安定率とEXオープン枚数が向上した【マユカ】デッキ。
Lv1クリスマスアインス*42とLv2体育祭アインス*43を投入することで展開力に安定感が出る。パーツが少なくて済むのも良いところ。
Lv1運命マユカがいれば、初手でEX0グリム・サプライヤーを使うことができるのも長所のひとつ。
今まで苦手だったEXオープンが一気に得意分野になった。
手札消費の激しい展開なので、ハーツによる手札補充はありがたい限り。

【アインス】
※《運命の選択 マユカ・サナギ》が入る前提ですが、登場時期は未定です※
エース1こたつむりマユカ*44とLv1運命マユカを投入することで爆発的に展開力が上がる。
先1で、体育祭アインス+運命マユカ+こたつむり、とすることで安定して高い展開力を得られる。
もちろん3面展開なのでEXオープンにも余裕があり、こちらも【マユカ】同様、初手でEX0アインス*45を打ってもハーツのチャージ効果が使える。




まとめ
(相性抜群・問題無く採用できる)
アルマリアソフィーナロザリー
ステラユーフィリアカレンセニア
ナイアマユカアインス

(採用にやや問題有・運用難易度が高い)
レミエルアウロラ

×(採用は難しい・従来のままで良い)
紗夜美海
エルエルルビー



15章環境では、どのデッキも毎ターン手札上限持ってるのが当たり前になるかもですね。
後攻側の守りが硬くなって先3キルが難しくなるかもしれないし、後攻側が先攻の先3キルを止めるのが困難になるかもしれない。
一部のデッキではデッキ構築に幅が出たので、ネームド以外の昔のカードを見返してみると、思わぬ発見があるかも?
15章は今月16日発売!


________脚注________

*1:f:id:AICmember:20170208213300j:plain

*2:f:id:AICmember:20170310201034j:plain

*3:f:id:AICmember:20170310201042j:plain

*4:f:id:AICmember:20170310201200j:plain

*5:f:id:AICmember:20170310201208j:plain

*6:f:id:AICmember:20170311094045j:plain

*7:f:id:AICmember:20170310202038j:plain

*8:f:id:AICmember:20170310202010j:plain

*9:f:id:AICmember:20170311094056j:plain

*10:f:id:AICmember:20170311095034j:plain

*11:f:id:AICmember:20170311095007j:plain

*12:f:id:AICmember:20170311094806j:plain

*13:f:id:AICmember:20170310202108j:plain

*14:f:id:AICmember:20170208213310j:plain

*15:f:id:AICmember:20170310202146j:plain

*16:f:id:AICmember:20170310202226j:plain

*17:f:id:AICmember:20170126011358j:plain

*18:f:id:AICmember:20170310202345j:plain

*19:f:id:AICmember:20170310202355j:plain

*20:f:id:AICmember:20170310202404j:plain

*21:f:id:AICmember:20170307152602j:plain

*22:f:id:AICmember:20170208213358j:plain

*23:f:id:AICmember:20170310202550j:plainf:id:AICmember:20170310202554j:plain

*24:f:id:AICmember:20170310202853j:plain

*25:f:id:AICmember:20170310202904j:plain

*26:f:id:AICmember:20170310203140j:plain

*27:f:id:AICmember:20170310203221j:plain

*28:f:id:AICmember:20170310203412j:plain

*29:f:id:AICmember:20170310203423j:plain

*30:f:id:AICmember:20170311102255j:plain

*31:f:id:AICmember:20170208213407j:plain

*32:f:id:AICmember:20170310203641j:plain

*33:f:id:AICmember:20170310203649j:plain

*34:f:id:AICmember:20170310203658j:plain

*35:f:id:AICmember:20170310203706j:plain

*36:f:id:AICmember:20170310203717j:plain

*37:f:id:AICmember:20170310203801j:plain

*38:f:id:AICmember:20170208213417j:plain

*39:f:id:AICmember:20170310203839j:plain

*40:f:id:AICmember:20170310204038j:plain

*41:f:id:AICmember:20170310204049j:plain

*42:f:id:AICmember:20170310204059j:plain

*43:f:id:AICmember:20170310204108j:plain

*44:f:id:AICmember:20170310204210j:plain

*45:f:id:AICmember:20170310204132j:plain

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は、各権利所有者に帰属致します。

⇧ ページトップへ